快適な睡眠は、身体に合ったベッドを選ぶことが大切

カビの発生を防止

宮付き

ナチュラルテイストで、木のぬくもりを感じることが出来るすのこベッドですが、一口にすのこベッドといっても様々なデザインがあります。
デザインの違いによって、それぞれベッドが持つ特徴は変わってきます。そのため、ベッドを選ぶ場合には種類を知った上で、最適なものを選ばなければなりません。
最適なすのこベッドに出会うために、ここではベッドの主な種類を紹介します。

宮なし

宮付きというのはベッドの頭上部分に棚や少し収納できるスペースを設けているところです。
ライト、本、充電器などの小物類をおくことが出来ます。元々、ベッドにライトが埋め込まれているすのこベッドもあります。

ヘッド無し

頭上部分にヘッドボードと言われる板だけが取り付けられているタイプです。
ボードだけなのでスッキリとしていますが、ベッドの存在を主張しています。一般的に、宮なしのベッドが多く試乗に流通しています。
同じ宮なしでも、ヘッドボードが垂直になっているものとカーブ状になっているものがあります。

他にもある

ベッドの頭上部分にヘッドボードがないタイプです。
かなりシンプルなタイプで、圧迫感を与えません。そのため、狭い空間であっても窮屈に感じることはありません。
すのこベッドに直接布団だけを敷きたいといった場合に適しています。

ベッドには、ボックスになっているタイプと脚があるタイプに分類することが出来ます。
脚があるタイプであれば、ベッド下の掃除が楽です。また、使い方次第で収納スペースとして活用することが出来ます。
ボックスになっているタイプであれば、下に引き出しがついていて、大容量の収納スペースとして活用することが出来ます。